文系講座について

英語

中学英語は将来役に立たない。
答えは・・・「嘘です」

2011年、英語担当は長年の夢であったアジア修学の旅をしてまいりました。
その際に使った英語はおおむね中学の文法でした。
翻っていえば、中学英語さえきちんと身につけておけば、留学やワーキングホリデーへと夢は広がります。
語学の学習に、要領のよさを求めても成功はありえません。
絶対的な仕事量がものを言います。
そのため弊塾では基礎の徹底を図るために授業時間は週に120分です。
十分な講義時間を活用し、授業前には毎回単語・英作文のチェックテストをします。
文法の講義への時間を十分にとることによって、暗記のみと考えられがちな英語学習を、理解するものへと変えていきます。
理解が不十分な生徒・日々の積み重ねを怠る生徒に関しては、居残り・補習への参加をしていただきます。
講師・生徒・ご家族様が三位一体となって目標達成へと進んでいけるような講義を目指していきます。
尚、毎週土曜日には1講義500円英検講座もございますので是非ご活用ください。
池田塾英語履修生は3年連続北中1位を獲っています。次はあなたの番です!!

社会

社会の学習。特に歴史的分野は人間の生の歩みを覗き見ていく。
つまりは人間ドラマのダイジェストです。

今の中学教育の中で十分な知識を持ち歴史講義をできる教師・講師が何人いるのでしょうか。
中学生対象の学習塾の授業を拝見したこともありましたが、それはそれは閉口ものでした。
「1467年 応仁の乱。 ここが出るから! さあ覚えて!!」
こんな授業は子供たちの人生で最も大切な時間を奪っているだけです。
弊塾での社会担当講師は歴史検定2級(センター試験9割以上レベル)を保持しております。
子供たちの努力の甲斐もあって昨年の実績は、塾内平均16.3点(20点満点・全県平均11.6点)をとることができました。
この数字は実業高校受験者も含めての数字です。
ぜひ、年号暗記一本に頼りがちな誤った歴史教育から脱却するためにもご受講いただければ幸いです。
尚、毎週土曜日には500円歴検講座もございますので是非ご活用ください。

国語

現代文中心の中学国語の学習方法は、テクニックではありません。
いかに多く教科書を音読しているかにかかってきます。

大学センター入試などのように膨大な量の文章を初見で解くのはまだ先の話。
中学の定期試験では教科書の文章がそのまま出題されます。
接続語の穴埋め問題も、テクニックよりは文章を頭に叩き込んで定期試験に臨むほうが成果はついてきます。
学校では「かっこわるくて」とか「はずかしいから」といった理由で大半の生徒が音読にしっかりと参加していないのが実情です。
古来、文学の学習は、暗記するほど物語を読み込むことから始まりました。
弊塾の国語学習法はそこへの原点回帰を目指したものとなります。
読んで読んで読みまくります。
尚、漢字の学習は土曜日に1講義500円漢検講座を開講しておりますのでぜひご活用ください。